<<Amssys さんは、書いちゃいます。>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【渋谷 19】 のオープンに遭遇して。

今年のカウントダウンは 家族と共にチェンマイでやろうという事になっているのだが、12月に入ってからバンコクでも朝晩は 【寒い】 と感じる日が続いている。  タイのテレビでも北部の寒さをクローズアップする報道が続いているので、先週の土曜日にパトゥムナム界隈へオーバーや帽子を買い求めに出かけた。  

車を駐車場に入れて、
バイオクタワー周辺へ向ってペブリ通りを
ブラブラ歩いていると、
パンティッププラザの
向かいに 
【SHIBUYA 19】
という名の目新しい
小型のプラザが目に
付いた。  

白塗りの洒落た
デザインもさること
ながら、テレビで
見た事のあるタイ
の芸能人が入り口
周辺に屯していて、
オープニングの催し
か何かやるのかと
思っていたのだが、
買い物を終えて、
帰りに、又この 
【SHIBUYA 19】 
の前まで来ると、その
セレモニーが始まった
瞬間にぶつかって
一歩も先に進めなく
なってしまった。


喧しい音楽が始まると集まっていた芸能人達が SHIBUYA 19 と大書きされたTシャツを着てペブリ通りを横切って、一列縦隊でキャットウォークし始めるではないか。  もちろん この間は車・バイクの通行は突然止められており、周辺は一挙に大渋滞状態に陥った。  司会者だか DJだか知らないが、音楽にあわせてフーだかウォーだか雄たけびをあげる。

マスコミ関係のカメラが大通りを横切る芸能人の一群を取り囲む。  突然の芸能人達の出現に居合わせた人達も携帯のカメラでこの瞬間を捉えようと走り回っている。  とばっちりを食って足止めされた車やバイクは怒りのクラクションを鳴らしてブーイングしまくる。   所謂 【阿鼻叫喚状態】である。

常識的にこの手の催しを行う場合は、しかもペブリ通りという公道の通行を封鎖するのであれば、事前にモータリストにその旨を知らしめて混乱を予防する処置が取られるはずである。  主催者側が狙ったのは、 まさにこの突然創り出される【阿鼻叫喚状態】だったのであろうが、騒ぎに巻き込まれる方はたまったものではない。 周囲に屯している警察官達は完全に主催者側に立って傍観しているだけで、何故か海軍の兵隊がこの催しを仕切っているという兎に角訳の分からない状態である。

洪水の時もそうだが、どうもバンコクの 【選ばれし階層に属する人達】 には、一般市民の生活の安全や利便性に配慮するという概念が欠落しているのではないかと想われる。  【選ばれし階層に属する一握りの人々と従順な下僕達】 という一昔前の感覚のままでは、教育水準や所得水準も底上げされた【物申す中間層】を持て余す様な事態がこれからも頻繁に起こるであろう事を確信している次第である。  
スポンサーサイト
[ 2011/12/26 17:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

 Amssys さん

Author: Amssys さん
  
Bangkok から
   見たまま。。。
     感じたままに。。。

 

Fish Eyes only
にほん ブログ村
Goole Map
顔文字教室
King of Thai Blog
CAP Lougue

キャプローグ - タイのニュース

タイの旬なニュースソース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。