FC2ブログ
<<Amssys さんは、書いちゃいます。>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ERPシステム導入とは?

過去10年強、当地で ERPシステムの導入に関ってきた当事者として感じるのだが、ERPシステムの導入を考える客先のケースには、3種類 ある様に思っている。

ケース1)
 新設法人の立ち上げにあたり、当初からERPシステムの導入を考えている。        
ケース2)
 既に操業中で、以前 ERPシステムの導入を試みたが、うまくゆかず、他社
 のERPシステムへ乗り換えようとしている。     
ケース3) 
 既に操業中で、今まで全てマニュアルベースで管理していたが、業容が拡大
 して、新たに 別のERPシステムの導入を考えている。 
  
ERP.jpegケース1)については、右往左往しながらも、大抵の場合は ERPシステムは
立ち上がるものだ。 【実際には、導入する側もこちら側も、 お互い協力し会
って立ち上げてゆくのである。】


ケース2)については、ERPシステムというものが、骨格の部分は、どの製品
でも似たり寄ったりの設計となっているので、仮に 他社製品の導入を試み
ても、また失敗する可能性が高い。 もっとも、以前のシステムを販売したIT
ベンダーが、売りっぱなしに徹していたのであれば、事情は異なるが。  

ケース3)については、実際 会社にお邪魔して、経理、営業、生産管理部門など現場のタイ人スタッフ担当者に、現状の業務管理のデータ 【大抵は、エクセルベース】 を見せてもらえれば、あまり意味の無い様に思われるデータや、他部門のデータと重複する内容のデータが目に付くなどで、その会社の業務管理の現況が透けて見えてくる様に思われる。

キーボード2端的に言ってしまえば、白兵戦真っ只中の戦場のような状況で、業務設計、
すなわち 誰・どの部門が(WHO)、何のデータを(WHAT)、どの様に(HOW)、
管理してゆくのかについての決め事が固まっていないといった状態であろう。

又、今まで タイ人スタッフ各位が努力しながら創り上げてきた、現状の作業
ルールを、たとえ改善目的であっても変えてゆこうとすると、時として議論が
あらぬ方向へ向かってしまい、思わぬ拒否反応や総スカンを食う場合もある。

WHO  WHAT  HOW が、社内で具体的に取り決められているか??? 又、勘定科目体系、l顧客・仕入先、商品・製品や原材料の品番・品名、工程順序・部品表、仕掛品 の品番等、会社の基礎データは、整然 と管理されているか??? 

個人的に 常々露払いと呼んでいるが、最低でも この2点がクリアーされていなければ、ERPシステムの導入を考える以前に、先ずは この部分から手をつけなければならない事を、是非とも ご理解頂きたい。 正直 ERPシステムは、箱物(ハード)とは違い、納入して 一連の操作方法のトレーニングを受ければ、明日からでも、即 働き始めるようなものではない。 実際に、システムを使用する タイ人スタッフ各位の 知識や能力にも少なからず左右される という要素もある。

猫1会計システムだけであれば、どこの会社でも 比較的問題なく稼動しているが、
前述のWHATとHOWは、経理部門だけについていえば、いわばワンパターンに近い。 
少なくとも経理スタッフは初めから、WHATは理解してもいる。  

在庫管理のあたりから、単純な会計システムとERPシステムの守備範囲の重複
が始まり、在庫の管理に伴う、現場部門と経理部門とのせめぎ合いの原因となっ
てゆくようだ。

 何を どれだけ 売り買いしたか。
在庫は 数量及び、金額ベースで 時系列的に、どの様に出入りして、どれだけ残っているのか。
何をどれだけ生産し、時間も含めて そのために 何をどれだけ使ったのか。


敢えて異論がでる事を覚悟のうえで粗っぽくいってしまえば、最低限ここまでをERPシステム上で把握できれば、エクセル等での手作業に比べ、かなりの業務の効率化が見込めるはずである。

スマートなイメージや、総論が闊歩する、 生産計画シュミレーションソフト については、私の経験上、この地で立ち上げる事は現実問題として難しい と思っているが。。。。。



スポンサーサイト
[ 2009/10/01 18:05 ] 仕事編 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

 Amssys さん

Author: Amssys さん
  
Bangkok から
   見たまま。。。
     感じたままに。。。

 

Fish Eyes only
にほん ブログ村
Goole Map
顔文字教室
King of Thai Blog
CAP Lougue

キャプローグ - タイのニュース

タイの旬なニュースソース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。