FC2ブログ
<<Amssys さんは、書いちゃいます。>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第4の経営資源  

本ものの本で提唱されている 「ヒト・モノ・カネ」 の経営資源だけ
でなく、第4の経営資源ともいわれる「業務データ」をタイムリーに
且つ効果的に活用出来るかどうかが、昨今の厳しい経済環境の
なかで生き残る為の、企業の更なる競争力の源泉になる事は
日本人以外なら誰でも知っている。  

  【日本人も知ってはいても 実際に実現出来なければ 
知らないのと一緒ではないか。。。】


           IT導入比率

当地に進出した日系企業でも IT を利用していない企業はほとんど存在しないが、情報の有効活用や経営への貢献度合いで見ると、その効果を明らかに出来ていな いケースが驚く程多いのが実情ではないだろうか?? 又、IT 資産の蓄積度合いなどを見てみても、製造業・非製造業によらず ソフトウエアの蓄積は驚く程進んでいない事に気づかされる。  パソコンやサーバーなどのハードウエアを保有していても、業務パッケージや情報システムなどソフトウエアが十分に活用されなければ、経営的な効果や業績向上を阻害する要因になる可能性がある。  その意味で、パソコンなどの端末やサーバーの導入で IT化 が完了したと判断するのではなく、ソフトウエアの活用まで踏み込んで考えることが重要だ。 IT を効果的に活用して業績を上げるには、IT 活用を重要な経営課題として位置付け、日本人マネージメントが先頭に立って、その活用を図ることが最も重要である。

IT 導入要素先日 三菱UFJリサーチ&コンサルティングが2007年に作成
した 「ITの活用に関するアンケート調査」 という資料を読ん
だが、自分的には 【 実に おもしろい。 】 と感じた。 
【 御社の IT 化 が成功した要因は??? 】 っという
アンケートに対して回答の多かった順番に要因を並べた結果
が下記である。

成功の要因 1位 経営層がIT化に積極的で、陣頭指揮を執った。
   同   2位 システムを段階的に導入した。
   同   3位 現場が積極的にシステム検討に参加した。
   同   4位 システムの仕様や要件定義を十分検討した。
   同   5位 システム構築の社内プロジェクトをつくり、責任体制を明確にした。
   同   6位 情報システム会社との意思疎通がうまくいった。

このアンケート調査の結果をかいつまんで言ってみれば、IT 化に成功するも失敗するも、重要なのは 【 導入する側の取り組む姿勢 】 であるという事実である。  個人的な経験からも、成功の要因1位から 5位までを実行していれば、業務パッケージや情報システムの導入もまず失敗する事などありえないのだから。。。







スポンサーサイト
[ 2010/08/20 14:43 ] 仕事編 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

 Amssys さん

Author: Amssys さん
  
Bangkok から
   見たまま。。。
     感じたままに。。。

 

Fish Eyes only
にほん ブログ村
Goole Map
顔文字教室
King of Thai Blog
CAP Lougue

キャプローグ - タイのニュース

タイの旬なニュースソース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。