FC2ブログ
<<Amssys さんは、書いちゃいます。>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クラウドコンピューティングとは。。。

クラウドコンピューティングが多くの企業の注目を集め始めている。

クラウド本経営陣が一番気にかける初期投資が
少なくて済む事もさることながら、クラウド
コンピューティングを採用した場合、情報
システム管理者の社内における日々の
運用負荷 【管理者自身の仕事量】 
が大幅に軽減される事になるので、
従来の如く優秀なシステム管理者が
便利屋的に使われる頻度も少なくなり、
本来有るべき情報処理部門の本業に
専念出来る職場環境が整う事にもなる
はずだ。

従来のシステムでは、サーバー等 社内情報インフラを構築しているハードウェアや各種のサーバーソフトウェアは自社で保有し、独自に運用管理するのが一般的だったが、クラウドコンピューティングでは、セキュリティー管理も含めて、ハードウェアやソフトウェアなどの 【IT 資源】 はクラウドサービス提供企業が用意するので、 企業は単に保有する自社のパソコンなどからインターネット経由で 【IT 資源】 の提供サービスを受ける事になる。  簡単に言ってしまえば 電気やガスといった 【社会インフラ】 と同じようなサービスモデルという切り口である。  

クラウド 構成ハードやソフトウェア等を
自社で保有しない企業は、
電気やガスと同じ様に必要
に応じて いつでもこれらの 【IT 資源】 の提供サービスの使用を開始出来るし、又 逆に使用を中止する事
も可能になるので、せっかく導入した高額なシステムが
使われずに不良資産化する
といった様な 【不幸な体験】 を繰り返すこともない。 又、クラウドサービス提供企業が保有する 【IT 資源】 は、その道の専門家によって厳重に運用管理されているので、企業はいままで社内システムの運用管理・メンテナンスに投じていたパワーを、本業にそそぐことができる。

 【 是即ち 社内 ITスタッフ 削減の予感 】


「IT 資源が必要なのだが、初期導入費用を捻出できない」とか「システム運用の管理者がいない」といった理由で、【 IT 資源 】を社内情報インフラとして保有・整備しきれないでいる中小企業にとって、クラウドコンピューティングは社内情報インフラ整備の新しい選択肢となる事はまず間違いないものと想っている。





スポンサーサイト
[ 2010/08/14 15:52 ] 仕事編 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

 Amssys さん

Author: Amssys さん
  
Bangkok から
   見たまま。。。
     感じたままに。。。

 

Fish Eyes only
にほん ブログ村
Goole Map
顔文字教室
King of Thai Blog
CAP Lougue

キャプローグ - タイのニュース

タイの旬なニュースソース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。