FC2ブログ
<<Amssys さんは、書いちゃいます。>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

車の運転

当地で私は、プライベートでは自分で車を運転する。

私の会社には、ドライバーが2名いるが、会社と自宅との送迎には、原則使わない事にしている。  当地のドライバー(メイドの類も同様だが)は、暇な分だけゴシップが大好きで、ネハ~ンはいつ何処へ行ったとか、 あんな事・こんな事を言っていたなどと多少誇張もして吹く傾向があり、何か監視されている様で、 一日中一緒にいると息が詰まるからだ。  おまけに私自身が運転するせいもあって、道の選択や運転方法を見ていて妙にイライラさせられる機会も多い。

          事故1       事故4 

当地では、2重・3重の玉突き事故を見かける事も多い。  タイ人は、十分な車間距離を保つ必要性を知識として理解していない。  想像するに、一般のドライバーは 《車はブレーキをかけてもすぐには停止出来ず、その時の走行速度によって、ある程度の距離を惰性で走り続ける。》 という知識を得るチャンスが無いのだろう。  Bangkokyanや田舎から出てきた鉄火な若人達も、事故の恐ろしさを知ってか知らずか、酒と安っぽいマッチョリズムに酔って無茶な運転を楽しんでいるようだ。 

交差点で左折する車にバイクなどが巻き込まれた事故もちょくちょく見かける。 巻き込む立場の側も巻き込まれる立場の側も、《巻き込み注意》という事を知識として理解していないので、巻き込み事故に遭遇しやすい状況に陥るのだろう。

事故2たまに日本の教習所の様な場所を見かける事もあるが、
運転知識というものを教授している様にはとても見え
ない。 タイの友人から聞いた話だと、彼の時代には運転免許取得の学科試験会場で、30分程前に教習本を渡
され勉強する様にと言われ、その後いきなり本番のテストを受けさせられたとの事。 又、試験のプロセスを回避する袖の下サービスコースも存在していたのは勿論の事である。 運転免許を与える側である国の制度だって、この程度なのである。


日本の教習所的なビジネスを、どこぞのタイ人が実現しないものだろうか? 警察庁のお偉いさん方も、交通事故からタイ人を守るとか 心にも無い大義名分 を掲げて、絶好の利権ビジネスを全面的にバックアップするだろうに。。。 
 
事故5猫の目の様に変わらない交通法規の整備や、法規や運転知識を学ばせる努力、又、学んだ法規や知識を自発的に遵守する文化造りなど、この国では、どれを取っても改善・向上の余地は大きい。

日本のバイクや車のメーカが音頭を取れば、裾野を支えている関連会社の数も多く、もしもこの件についての、なんらかのサポート活動を大々的に開始したならば、一般のタイ人にも感謝される 絶好の社会貢献活動 になると思うのだが。。。。

スポンサーサイト
[ 2009/11/10 16:42 ] 見たまま感じたまま | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

 Amssys さん

Author: Amssys さん
  
Bangkok から
   見たまま。。。
     感じたままに。。。

 

Fish Eyes only
にほん ブログ村
Goole Map
顔文字教室
King of Thai Blog
CAP Lougue

キャプローグ - タイのニュース

タイの旬なニュースソース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。