<<Amssys さんは、書いちゃいます。>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

社内 IT スタッフとは???

システム管理者2ERPシステムなどの業務管理システムを
導入する際、ITベンダーから見てお客様の
社内に ITスタッフ がいるかどうかは非常
に重要なポイントとなる。  ITの世界は、元々
が0か1か、黒か白かかがはっきりしていると
いう特色があるので、よろずアバウト好みの
タイ人には、ちっと馴染めない部分もあるかも
しれない様に想う。  【重箱の隅をほじくる
事に命をかける日本人や、ドイツ人には
自然な世界かも。。。】


当地の日系企業では、往々にして 社内
ITスタッフ
 の定義 が曖昧である様に見受
けられる。  一概に ITスタッフ といっても、
下記の如く 各々得意な守備範囲が存在する
で、IT スタッフ として雇い入れたのだから、
何でもこなしてくれるのだろうと期待する事自体がそもそも大きな勘違いなのである。

<<いわゆる IT スタッフの守備範囲>>
① パソコンの組み立てやメンテナンスが出来る、ハードウェアーのエンジニア
② 社内 Lan や、イントラネットの構築など通信インフラに強いエンジニア
③ 業務管理システムの導入経験の無いプログラマー (PGレベル)
④ 業務管理システムの導入経験のある、上級プログラマー(SEレベル)

ERPシステムなどの業務管理システムを導入する際に助けとなってくれるのは、④ の SEレベル の人材なのだが、業務管理システムの導入事例自体が少ない当地では、なかなかこのレベルの人材は見つからないので、このクラスの人材を 社内のITスタッフ として採用している企業は極端に少ないのが実情である。  社内でせっかく育ってくれたSE候補生もより良い待遇を求めて転職してしまうとか、burn-out してしまってキャリアを変えてしまうとかいったケースも多いだろうし、一体この国で企業の情報システム部門を立ち上げる事が可能なのだろうかと思ってしまう今日この頃である。  さもありながら気を取り直してつらつら想うに、、、、、

システム管理者1④ のSEレベルの人材であれば業務
管理システムの導入経験があって、
【会社の物流と情報流の基本的な
流れ =”幹の部分”】
 は理解して
おり、ERPシステムなどの新規導入
に際しても、【どの部門で、どの様な
システムの運用処理をしなければ
ならないか = ”枝葉の部分”】
 
について、社内の末端ユーザーに対
する教育・啓蒙活動を独自に実施して
もらえるので、業者としては非常に助
かるものだ。  正直なところこの部分
のレベルがある一定の水準まで到達
していないと、ルックイースト運動の啓蒙活動で苦労した、マレーシアのマハティール元首相ではないが、そもそも近代的な商業活動を受け入れる素地が整っていないという事になり、ERPシステム等の業務管理システムを導入するウヌヌン以前のお話になってしまうのだが。。。

蛇足ながら、社内に SEレベルの人材がいない場合 IT ベンダーサイドに上記のサポートを全面的に期待しなければならない事になるのだが (当地では往々にしてこのケースが多い。)、この部分のサポートについての ITベンダーの姿勢や力量次第によっては、末端ユーザーより システム導入に対する思わぬ反発や拒否反応を受けてしまうケースも発生するので、業務管理システムの新規導入時には、この点に関する IT ベンダーの姿勢や対応方法を事前に確認しておく事が後々明暗を分ける事にもなるのでご留意頂き度。 

【 タイにはタイの仕事のスタイルがある 】 などといわれ始めたら、それこそ That's it、さようなら である。



スポンサーサイト
[ 2010/08/23 15:12 ] 仕事編 | TB(0) | CM(0)

第4の経営資源  

本ものの本で提唱されている 「ヒト・モノ・カネ」 の経営資源だけ
でなく、第4の経営資源ともいわれる「業務データ」をタイムリーに
且つ効果的に活用出来るかどうかが、昨今の厳しい経済環境の
なかで生き残る為の、企業の更なる競争力の源泉になる事は
日本人以外なら誰でも知っている。  

  【日本人も知ってはいても 実際に実現出来なければ 
知らないのと一緒ではないか。。。】


           IT導入比率

当地に進出した日系企業でも IT を利用していない企業はほとんど存在しないが、情報の有効活用や経営への貢献度合いで見ると、その効果を明らかに出来ていな いケースが驚く程多いのが実情ではないだろうか?? 又、IT 資産の蓄積度合いなどを見てみても、製造業・非製造業によらず ソフトウエアの蓄積は驚く程進んでいない事に気づかされる。  パソコンやサーバーなどのハードウエアを保有していても、業務パッケージや情報システムなどソフトウエアが十分に活用されなければ、経営的な効果や業績向上を阻害する要因になる可能性がある。  その意味で、パソコンなどの端末やサーバーの導入で IT化 が完了したと判断するのではなく、ソフトウエアの活用まで踏み込んで考えることが重要だ。 IT を効果的に活用して業績を上げるには、IT 活用を重要な経営課題として位置付け、日本人マネージメントが先頭に立って、その活用を図ることが最も重要である。

IT 導入要素先日 三菱UFJリサーチ&コンサルティングが2007年に作成
した 「ITの活用に関するアンケート調査」 という資料を読ん
だが、自分的には 【 実に おもしろい。 】 と感じた。 
【 御社の IT 化 が成功した要因は??? 】 っという
アンケートに対して回答の多かった順番に要因を並べた結果
が下記である。

成功の要因 1位 経営層がIT化に積極的で、陣頭指揮を執った。
   同   2位 システムを段階的に導入した。
   同   3位 現場が積極的にシステム検討に参加した。
   同   4位 システムの仕様や要件定義を十分検討した。
   同   5位 システム構築の社内プロジェクトをつくり、責任体制を明確にした。
   同   6位 情報システム会社との意思疎通がうまくいった。

このアンケート調査の結果をかいつまんで言ってみれば、IT 化に成功するも失敗するも、重要なのは 【 導入する側の取り組む姿勢 】 であるという事実である。  個人的な経験からも、成功の要因1位から 5位までを実行していれば、業務パッケージや情報システムの導入もまず失敗する事などありえないのだから。。。







[ 2010/08/20 14:43 ] 仕事編 | TB(0) | CM(0)

クラウドコンピューティングとは。。。

クラウドコンピューティングが多くの企業の注目を集め始めている。

クラウド本経営陣が一番気にかける初期投資が
少なくて済む事もさることながら、クラウド
コンピューティングを採用した場合、情報
システム管理者の社内における日々の
運用負荷 【管理者自身の仕事量】 
が大幅に軽減される事になるので、
従来の如く優秀なシステム管理者が
便利屋的に使われる頻度も少なくなり、
本来有るべき情報処理部門の本業に
専念出来る職場環境が整う事にもなる
はずだ。

従来のシステムでは、サーバー等 社内情報インフラを構築しているハードウェアや各種のサーバーソフトウェアは自社で保有し、独自に運用管理するのが一般的だったが、クラウドコンピューティングでは、セキュリティー管理も含めて、ハードウェアやソフトウェアなどの 【IT 資源】 はクラウドサービス提供企業が用意するので、 企業は単に保有する自社のパソコンなどからインターネット経由で 【IT 資源】 の提供サービスを受ける事になる。  簡単に言ってしまえば 電気やガスといった 【社会インフラ】 と同じようなサービスモデルという切り口である。  

クラウド 構成ハードやソフトウェア等を
自社で保有しない企業は、
電気やガスと同じ様に必要
に応じて いつでもこれらの 【IT 資源】 の提供サービスの使用を開始出来るし、又 逆に使用を中止する事
も可能になるので、せっかく導入した高額なシステムが
使われずに不良資産化する
といった様な 【不幸な体験】 を繰り返すこともない。 又、クラウドサービス提供企業が保有する 【IT 資源】 は、その道の専門家によって厳重に運用管理されているので、企業はいままで社内システムの運用管理・メンテナンスに投じていたパワーを、本業にそそぐことができる。

 【 是即ち 社内 ITスタッフ 削減の予感 】


「IT 資源が必要なのだが、初期導入費用を捻出できない」とか「システム運用の管理者がいない」といった理由で、【 IT 資源 】を社内情報インフラとして保有・整備しきれないでいる中小企業にとって、クラウドコンピューティングは社内情報インフラ整備の新しい選択肢となる事はまず間違いないものと想っている。





[ 2010/08/14 15:52 ] 仕事編 | TB(0) | CM(0)

業務管理のメンテナンス

亜熱帯地帯に位置する当地タイでは、植物の生育が異様なスピードで進む。

ジャングル4私は家の裏庭に  を植えていたが、グングン伸びで収拾
がつかない状態になり、隣家からの苦情もあって私の背丈で
手の届く高さに切り揃えた。  これなら隣家に文句を言われ
ないだろうとは思うが、1-2ヶ月メンテナンスを怠ると、また
収拾がつかない状態に戻ってしまうだろう。  これと全く同じ
事が、ちょうど業務の管理体制の整備や維持にもいえる様な
気がする。  例えば、樹木や雑草に覆われたジャングルの
一区画をきれいに整地したとする。  その後、  く整地した区画を管理する人 がいなくなると、ものの見事に、しかもかなりのスピードで、その整地された一区画は元のジャングル状態に戻ってしまうだろう。  当たり前と言ってしまえばそれまでだが、人・モノ・カネを投入し ERPシステムを導入するなど、せっかく業務の管理体制を整備しても、マネージメントサイドが目を離すと、またぞろ統一性を欠いた基礎データ、無意味な管理データ、非効率な作業ルールが社内に蔓延する事になる。

ライン4一旦整備した業務の管理体制を維持してゆく為には、
 何を どの様に、又、何故に ~ しなければなら
ないのか
 という事について、タイ人スタッフに対して、
日々是 啓蒙・教育し続けるというメンテナンス活動が
欠かせないのである。  

日本的な日々のきっちりした業務管理というソフトは、当地では 異質の概念 である事を肝に銘じているべきであると想う。


[ 2009/12/29 13:50 ] 仕事編 | TB(0) | CM(0)

次世代 Web会議システム 《SOBA MIERUKA》

インターネットという通信インフラは、様々な形で世界中のビジネス形態や生活モードを、凄まじい勢いで変革し続けている。

mieruka4.jpeg日常のビジネスシーンなどでは、ちょっとした打合せや、
定期的な会議などにかなりの時間を取られているのが
現実ではないだろうか。 社内・社外を問わず、打合せ
や会議の参加者がばらばらに離れた遠隔地で仕事をして
いる場合には、それぞれが一同に会する場所まで移動
するのに要する時間が馬鹿にはならない。  

日本国内においてだけでも大変だが、海外拠点を含んだ場合、日本からか、海外からか、どちらかの参加者がすっ飛んでゆく事になると思うが、このための移動に要する時間もさることながら、少し経営マインドをもてば、この不景気のなかで、交通費や宿泊費といったコストも出来れば節減したいものだろう。

文部科学省の補助を受け、産・官・学 共同プロジェクトの結晶として京都で誕生した次世代 WEB会議システムSOBA 《MIERUKA》 という通信ソフトと、ある方の紹介で出会ったのは今年の7月頃である。

          mieruka2.jpeg           mieruka5.jpeg 

このソフトは、従来のテレビ会議システムとは大きく異なり、業界初の P to P 方式、すなわち 取り立ててサーバーなどを立てる必要もなく、インターネットにアクセス可能な各々のパソコン端末機同士で、直接 《音声・動画像---録画機能付---》  《チャット---Text 保存可能---》  《MS Office のアプリケーションソフト郡の共有操作》等の双方向通信を可能にする、画期的な通信ソフトである。  自分的には、タイで一般的なADSL環境で、2-3メガ程度の容量が有れば、サクサクと動いてしまう事にも、正直ビックリさせられている。

コスト的には、ASP方式の月極め定額制なので、初期投資はほとんどかからない。  最低限のハードウェアーとして、Webカメラや、マイクロフォン付のイヤフォーンは必要となるが、当地では、それぞれ数百バーツで手に入るし、十分使用可能である事は検証した。  例えば 5ライセンスで月額 2万5千円程度なので、出張に伴う 一人当たりのエアーチケット代や、ホテルの宿泊代、飲食代等の経費と比較したならば、経営陣からは即決即断 鶴の一声で、

       結構やがな。。。  それ ええんと ちゃう。。。 

                        という展開になるかも。。。。


イメージが沸きづらいかもしれないが、例えば、双方で  このソフトを立ち上げ、常時インターネットに繋ぎっぱなしにしておけば、あたかも お互いすぐ近くにいて、いつでも気軽に話しかけるような感覚で、空間を越えたたコニュニケーションを可能にしてしまうのである。

相撲1現在、色々な方々のご意見を伺ってリサーチをしている
のだが、このソフトの潜在的な導入効果は、十分認め
ながらも、本社よりの管理が現状より更に頻繁になる事
に対して、海外拠点の目線では、潜在的に少なからぬ
抵抗感が存在する様な予感がする。。。

  本社をガンガン使いまくって海外拠点を軌道に乗せてゆく様な、

        侍 Japan達よ、今何処???







[ 2009/11/05 17:03 ] 仕事編 | TB(0) | CM(1)

ホウ レン ソウ

私は会社で、コピーの仕損じや、いらなくなったA4サイズの書類を、リサイクル利用してもらっている。

エコ志向というより、親父のケチ志向の方が強いのだが。。。

これだけでは飽き足らず、このA4サイズのリサイクル用紙を、更に8分の1のサイズに裁断してもらい、私専用のメモ用紙を作る。  オフィスでは勿論、車の中でもどこでも、頭に閃いたあれやこれやをその時メモるのである。

仕事2私の会社は、ERPシステムの運用サポートを日本人
は私一人で切り盛りしている。

通常、複数顧客 についての事項が同時並行で進ん
で行くが、その進捗状況を常に把握しておきたいが
為の自己防衛策である。  1顧客当たり複数の
改善要求を受け、これが 複数顧客で同時進行する
ので、処理すべき案件の数としては、決して少なくはない。

必勝のサイクル << 問題点の認識 ~ 対処方法とスケジュールの策定 ~ 予・実管理 ~ 問題点の認識 ~ >>の管理は、私自身が直接介入して実施している。 

手前味噌で恐縮ながら、現在のスタッフは、非常に優秀であるが、このサイクル自体を自分で管理出来るのであれば、転職などで更なるキャリアアップをしてゆくだろう。 このサイクルを、全てタイ人に押し付けて、日本人は左団扇などと考える事は、今の自分には到底出来ないし、将来的にも無いのではないかと思っている。

だいたいにして、このサイクルがフルに回って成り立っている社会など、タイのおおらかな文化と相容れない社会ではないのか。 タイ人の自主性を尊重するといった様な感じの顧客の現状調査で、あ~らら。。。 と思っわされた経験も一度ならずある。 知らぬは、日本人ばかり也。  


       仕事中1         侍2


それともう一点、このサイクルの一連の進捗状況や途中経過を、自発的にタイ人の方から発信して来ると期待するのも、初歩的な勘違いだと思う。 報告・連絡・相談 いわゆるホウレンソウを実践する職場文化の構築は、これからのタイでも求められ始める、一種の課題ではないだろうか?

従って現時点で、新卒組・転職組を問わず、職場のホウレンソウの訓練を受けていないか、身についていないタイ人就業者に、これを期待しても埒があかないと思うし、これから訓練するのであれば、WHY を十分説明しながら、気長に取り組むべきだと思う。

私は、あれこれ どうなったか、いつまでに終わるのか等々の、スタッフへの逆ホウレンソウを実践すべく、昼夜、所を問わず、メモに書きなぐり、現況のインプットに勤めている。

キーボード1  尤も、これが億劫になったり、出来なくなったら、
  私のササヤカナ存在価値も露と消えるのだから、
  当たり前の事だとは思っているが。。。 


                                  
[ 2009/10/12 15:23 ] 仕事編 | TB(0) | CM(1)

ERPシステム導入とは?

過去10年強、当地で ERPシステムの導入に関ってきた当事者として感じるのだが、ERPシステムの導入を考える客先のケースには、3種類 ある様に思っている。

ケース1)
 新設法人の立ち上げにあたり、当初からERPシステムの導入を考えている。        
ケース2)
 既に操業中で、以前 ERPシステムの導入を試みたが、うまくゆかず、他社
 のERPシステムへ乗り換えようとしている。     
ケース3) 
 既に操業中で、今まで全てマニュアルベースで管理していたが、業容が拡大
 して、新たに 別のERPシステムの導入を考えている。 
  
ERP.jpegケース1)については、右往左往しながらも、大抵の場合は ERPシステムは
立ち上がるものだ。 【実際には、導入する側もこちら側も、 お互い協力し会
って立ち上げてゆくのである。】


ケース2)については、ERPシステムというものが、骨格の部分は、どの製品
でも似たり寄ったりの設計となっているので、仮に 他社製品の導入を試み
ても、また失敗する可能性が高い。 もっとも、以前のシステムを販売したIT
ベンダーが、売りっぱなしに徹していたのであれば、事情は異なるが。  

ケース3)については、実際 会社にお邪魔して、経理、営業、生産管理部門など現場のタイ人スタッフ担当者に、現状の業務管理のデータ 【大抵は、エクセルベース】 を見せてもらえれば、あまり意味の無い様に思われるデータや、他部門のデータと重複する内容のデータが目に付くなどで、その会社の業務管理の現況が透けて見えてくる様に思われる。

キーボード2端的に言ってしまえば、白兵戦真っ只中の戦場のような状況で、業務設計、
すなわち 誰・どの部門が(WHO)、何のデータを(WHAT)、どの様に(HOW)、
管理してゆくのかについての決め事が固まっていないといった状態であろう。

又、今まで タイ人スタッフ各位が努力しながら創り上げてきた、現状の作業
ルールを、たとえ改善目的であっても変えてゆこうとすると、時として議論が
あらぬ方向へ向かってしまい、思わぬ拒否反応や総スカンを食う場合もある。

WHO  WHAT  HOW が、社内で具体的に取り決められているか??? 又、勘定科目体系、l顧客・仕入先、商品・製品や原材料の品番・品名、工程順序・部品表、仕掛品 の品番等、会社の基礎データは、整然 と管理されているか??? 

個人的に 常々露払いと呼んでいるが、最低でも この2点がクリアーされていなければ、ERPシステムの導入を考える以前に、先ずは この部分から手をつけなければならない事を、是非とも ご理解頂きたい。 正直 ERPシステムは、箱物(ハード)とは違い、納入して 一連の操作方法のトレーニングを受ければ、明日からでも、即 働き始めるようなものではない。 実際に、システムを使用する タイ人スタッフ各位の 知識や能力にも少なからず左右される という要素もある。

猫1会計システムだけであれば、どこの会社でも 比較的問題なく稼動しているが、
前述のWHATとHOWは、経理部門だけについていえば、いわばワンパターンに近い。 
少なくとも経理スタッフは初めから、WHATは理解してもいる。  

在庫管理のあたりから、単純な会計システムとERPシステムの守備範囲の重複
が始まり、在庫の管理に伴う、現場部門と経理部門とのせめぎ合いの原因となっ
てゆくようだ。

 何を どれだけ 売り買いしたか。
在庫は 数量及び、金額ベースで 時系列的に、どの様に出入りして、どれだけ残っているのか。
何をどれだけ生産し、時間も含めて そのために 何をどれだけ使ったのか。


敢えて異論がでる事を覚悟のうえで粗っぽくいってしまえば、最低限ここまでをERPシステム上で把握できれば、エクセル等での手作業に比べ、かなりの業務の効率化が見込めるはずである。

スマートなイメージや、総論が闊歩する、 生産計画シュミレーションソフト については、私の経験上、この地で立ち上げる事は現実問題として難しい と思っているが。。。。。



[ 2009/10/01 18:05 ] 仕事編 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

 Amssys さん

Author: Amssys さん
  
Bangkok から
   見たまま。。。
     感じたままに。。。

 

Fish Eyes only
にほん ブログ村
Goole Map
顔文字教室
King of Thai Blog
CAP Lougue

キャプローグ - タイのニュース

タイの旬なニュースソース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。